未分類

医学部受験生は必見!予備校の選び方のポイント

こんにちは、管理人の美咲です。

今回は私が医学部受験の際に、どうやって予備校を選んだかを書いていきたいと思います。

というのも、このブログは「ダイエットのことで悩んで欲しくない」という思いで始めたわけなのですが、私がそもそもダイエットを始めたのが予備校生時代でした。

その当時は受験勉強で不規則な食事や生活を送っていたので、どんどん太っていく自分が本当にストレスで仕方がありませんでした。

そこで色々とダイエットについて調べていたんですが、結構時間がかかって大変なんですよね。

そんね経験からこのブログで少しでもわかりやすい情報発信ができればなと思っていたのですが、実は予備校選びも同じくらい難しいんです。。。

そんなことに時間を使って、悩んでばかりいてほしくないので、まとめようと思いました。

ちなみに私は医学部を受験したので、医学部受験者を対象とした予備校の選び方になります!
(ダイエットもしていて医学部受験を控えている、なんて人少ないかもしれないですが・・・笑)


まず私が予備校を選ぶ際に迷ったのが、「大手予備校の医学部コース」にするか「医学部受験を専門に扱っている予備校」のどちらにするかということです。

前者の方は想像しやすいと思います。

よくCMでも流れている駿台や四谷学院など、一般的な受験生がいる予備校に医学部受験用のコースを用意しているタイプです。

そして、実はあまり知られていないのですが、予備校の中には医学部受験に特化した予備校というものがあります。これが後者のタイプ。


ちなみに私は後者の医学部予備校に通っていました!

その理由と選ぶ際のポイントについてお話していきますね。



まず1つ目のポイントが、授業が少人数制となっているかどうか。

特にきちんと学年別になっているのが良いと思います。

大人数だと少数の人が例えついてこれていないとしても、そこで授業の進度を落とすわけには行きません。

医学部のように試験で高得点が要求されるような場合は、簡単な問題をいかに正解するかが重要です。

そのため、つまずいている人をきちんと把握してくれる、ケアしてくれる予備校でないとどんどん差が生まれていってしまんです。



2つ目が医学部の試験に特化した対策やフォローがされているかどうか。

医学部受験は2次と面接があります。

私が調べていたときは、残念ながら大手の医学部コースでは面接対策まではしてくれていませんでした。

医学部予備校に関しては、そのへんもしっかりと用意されていたので、この点が決定だと言っても良いかもしれません。


医学部を受験するような人達は、センターでは必ず高得点を取ってきます。ということは2次試験と面接でいかに点数を取るかが、合格できるか否かの別れ道になるんです。



そして最後に、これまでに医学部合格者を多数輩出してきた実績があるかどうかです。

こちらは説明不要ですよね。

特に医学部予備校はこの実績の部分が強く、講師の方々もこれまで医学部受験について徹底的に分析してきた、いわばエキスパートです。

そのため、毎年の傾向やどうすれば合格できるのかといったノウハウが、医学部予備校には詰まっている印象でした。



私はそのお陰か医学部に無事合格することができたのですが、個人的には周りに常に同じ医学部を目指しているライバルや仲間がいたというのが、最も良い刺激でした。

以上が医学部受験生向けの予備校の選び方のポイントでした。


その当時かなりお世話になっていた医学部予備校の情報サイトがあるので、こちらに載せておきますね!

医学部の選び方だけではなく、予備校人気ランキングや現役講師へのインタビューなども掲載されているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事

  1. 未分類

    女子力アップに欠かせない、モチベーションが上がる映画紹介!

    今日は普段何回も観ている映画について、ご紹介したいと思います!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。